1.技術概要

現在の消費社会において、1次産業である農業・畜産分野では生産物としての野菜や肉等の他に、
多くの余剰資源や資材が発生し、それらの多くは廃棄処理されている実状があります。
規格に満たない野菜等の生産品、可食部以外の部位、ハウスのビニール等の資材類。
それらの多くは栄養価やエネルギー等、潜在的に有効となりうる価値を持ちながらも、
現在の生産・消費活動の中で利用するためには再加工することが不可欠となります。
弊社ではそれら特に一次産業に伴う余剰資源を再加工することにより、
加工食品や燃料としてのエネルギー資源、飼料や堆肥としての生産事業用の資材として
リサイクルする技術の開発を行ってきました。

それら技術を応用し、食品製造に伴い発生する
規格外製品・包装パッケージ等の資源を再加工し、再資源化する。
廃棄物ゼロを目指す、総合リサイクル処理技術のご提案をさせて頂きます。

油化炭化炉ST-06・07のフロー

2.再資源化フロー

3.油化装置

4.真空醗酵乾燥機:装置概要

5.油化装置:装置概要